お金を使うことが経済を良くする

よく言われることですが、お金を使うことが経済を活性化させ、結果として自分に還ってくると言われます。ですが、理屈は分かっていても将来のこととか考えるとなかなか出来ないものですよね。

でも、そうやってお金を使わないでいると結果として、やはり経済は活性化されず、当然自分も潤うことはないんです。いえ、自分がお金を使わないと言って自分が絶対に潤わないという訳ではありませんが、世の中のシステムとしてはお金を使わなければ、お金が回らなければ世の中の経済は活性化されないのは真実であり事実であります。

お金は経済の血液と言うくらいですから、その血液が止まってしまえば当然経済は滅びてしまうということになるということです。

でも、消費税が上がり、景気が良くなったとはいえなかなかそれを実感出来ない今、お金を使うということはなかなか勇気のいることであることは確かです。そんな中どうやって世の中の経済に貢献するかと言えば、やっぱりお金を使うこと意外ないんですよね。

じゃあお金を使うにはどうすればいいかと言うとお金を稼ぐしかないんです。
お金を稼げばお金を使うことが出来る訳ですからね…。

稼ぐと言っても口で言うのは簡単ですが、それが出来ていれば皆やっているんですよね。

でも、考え方を少し変えてみるだけでお金というのは大きく稼げるものだと思います。それを気付いていない人が多い…それが今の世の中かもしれません。

お金はやっぱり使うためにあるのだと思います。
もっと楽しい世の中にするためにも、皆さんお金を使いましょう!

私も出来るだけお金は使っていこうと思います。
…でも、今欲しいものがあんまりないんですよね。
歳のせいなのか、時代のせいなのか…それは分かりませんけどね…。

結局信用出来るのは金

どんなキレイごとを言っても、
結局は金に勝るものはありません。

どんなに怒っている人も、
大金を積めば怒りを鎮めてくれます。

どんなに憂鬱な人も、
大金を積めばきっと幸せを感じれると思います。

そんな訳ないだろう!
世の中には金で買えないものもあるんだ!

そういうことを言う人もいます。
確かにいます。

でも、それってものすごい少数意見だと思います。

日本人は民主主義なので少数意見は基本的には繁栄されません。
でも、こういうお金が絡んだものに関してはなぜか少数意見を、キレイごとに賛成してしまうんです。

お金を人前で出さない、お金を人前で出すことは恥ずかしいことだ…というのは世界共通の文化でもなんでもありません。これは日本独自の文化と言っても良いです。

お金ってものすごく身近なものなのに、
人前でお金の話をするのとか、お金を出したりするのがなぜはしたないことなのでしょうか。意味がわかりませんよね。

お金があるからこそ世の中が動いていますし、
お金があるからこそ生活が出来るんです。

お金が無かったら私たちは今日食べるものも自分で作らなくてはならないんです。

野菜を作っている農家も、洋服を自分で作らなくてはならない。
でも、お金があるからそれぞれの仕事が社会の中で還元され成り立っているんです。

じゃあ世の中を生きていく上で何が大事なのか。
お金ですよね。一番大事なのはお金だと思います。

お金では人は買えない…そんなことはありません。
お金を持っている人のアドバイスと、
お金を持っていない人のアドバイス、
あなたはどちらの意見を参考にし、
そしてどちらを尊敬しますか?

大昔の時代ならまだ分かりませんが、
今は資本主義と言われている時代で、
しかも経済大国と言われている日本です。

お金が無ければ何も出来ない。
まずはこの現実を受け止める必要があります。

結局、信用出来るのは金なんです。