お金を使うことが経済を良くする

よく言われることですが、お金を使うことが経済を活性化させ、結果として自分に還ってくると言われます。ですが、理屈は分かっていても将来のこととか考えるとなかなか出来ないものですよね。

でも、そうやってお金を使わないでいると結果として、やはり経済は活性化されず、当然自分も潤うことはないんです。いえ、自分がお金を使わないと言って自分が絶対に潤わないという訳ではありませんが、世の中のシステムとしてはお金を使わなければ、お金が回らなければ世の中の経済は活性化されないのは真実であり事実であります。

お金は経済の血液と言うくらいですから、その血液が止まってしまえば当然経済は滅びてしまうということになるということです。

でも、消費税が上がり、景気が良くなったとはいえなかなかそれを実感出来ない今、お金を使うということはなかなか勇気のいることであることは確かです。そんな中どうやって世の中の経済に貢献するかと言えば、やっぱりお金を使うこと意外ないんですよね。

じゃあお金を使うにはどうすればいいかと言うとお金を稼ぐしかないんです。
お金を稼げばお金を使うことが出来る訳ですからね…。

稼ぐと言っても口で言うのは簡単ですが、それが出来ていれば皆やっているんですよね。

でも、考え方を少し変えてみるだけでお金というのは大きく稼げるものだと思います。それを気付いていない人が多い…それが今の世の中かもしれません。

お金はやっぱり使うためにあるのだと思います。
もっと楽しい世の中にするためにも、皆さんお金を使いましょう!

私も出来るだけお金は使っていこうと思います。
…でも、今欲しいものがあんまりないんですよね。
歳のせいなのか、時代のせいなのか…それは分かりませんけどね…。