審査で引っ掛かる申し込みブラックに注意

カードローンの最大の魅力は担保や保証人無しで、お金を必要なときにすぐに借りられることでしょう。
しかし、借入に絶対に欠かせないものが申し込み後の審査です。
ここを無事に通過できるかどうかを心配する方も少なくありません。
不安になった挙句、複数のカードローンに申し込みをしてしまう方もよくいます。
たくさんの会社に申し込みをしておけば、どれか一社くらいは審査に通るかもしれないという期待もあるでしょう。
特に早急にまとまったお金が必要な方にこのような傾向がありますが、これは絶対にしてはいけません。
と言いますのも、カードローンでは申込みブラックと呼ばれるものがあるからです。
申し込みブラックとは、1ヶ月ほどの短期間に3社以上の借入申請を行った場合に適用されるものです。
申し込んだ個人情報は、必ず審査の段階で個人信用情報機関に登録されているデータに照合されますが、ここには申込者の利用履歴が全てリアルタイムで表示されています。
つまり、何社に申し込んでいるのかは会社側には筒抜けになっているということになります。
沢山の会社に申し込んでいると、相当困窮していると判断され、返済能力が疑われてしまうというわけです。
このような点から、短期間に何社も申し込みをすることは絶対にしてはいけません。
最適な会社をじっくり選んでから、一社ずつ申し込みを行いましょう。
また、個人信用情報機関の申し込み履歴は半年ほどで消去されますから、次に申し込むときは半年後にするといいです。